デイに水治運動を取り入れたまったく新しいタイプのデイサービスです。

お問合せ・ご見学はお気軽に

〒308-0827 茨城県筑西市市野辺176-4

 

水治運動とは?

つくばアカデミーデイサービスでの水治運動とは

 

つくばアカデミーデイサービスセンターの水治運動は陸での歩行や動きを維持し、高めていくことを目的しています。

例えば歩行の基本的な動き、椅子に座ったり、立ったりの動き、まっすぐに近い姿勢作り等、日常動作での動きをしやすくするためのトレーニングを併設している「つくばスイミングアカデミー」の水治運動療法士が指導しています。水に入られたことのない方でも一から指導いたしますので、安心して水治運動が楽しめます。

 

水治運動の効果

 

酸素摂取量が多い!

心臓への負担は少ないですが、心臓の1回の動き(心拍)全身を巡る血液の量が多くなります。その分栄養も酸素も身体の隅々まで行き渡ります。

 

カロリー消費大!

水の中では、体温を維持するために多くのエネルギーを消費します。陸上よりも水中の方がカロリー消費大!有酸素運動にもなります。

 

負担が10分の1!

水の中では浮力が働くので、陸上にいるときよりも体の負担が軽くなります。膝や腰への負担が少ない運動です。持久力、筋力、柔軟性の3要素を短時間で高められます。

 

血流促進むくみすっきり!

地上で加わる筋肉の緊張がとれ、特に下肢の血液の循環がよくなります。このため、腰痛、足の疲れ、だるさ、静脈の腫れなどの改善がみられます。

 

 

 

水治運動の特徴とは

 

水治運動療法の主な特徴は、水の物理学的特性を活用した治療方法と言えるでしょう。特に水の特性である水圧および水温は人間の身体生理学的機能に作用し、良好な変化(適応)誘発させ、さらに水の特性である浮力(浮力の3態:補助性・支持性・抵抗性)は、水中で行われる人間の身体運動学的機能に作用し良好な変化(順応)を促進させます。

 

水治運動のメリットとは

 

まず最大の違いは、陸上では「重力」を意識しなければなりません。そして水中では「浮力」を意識する必要があります。このそれぞれの特徴である必然エネルギーはリハビリにおいて重力がマイナスの作用として働き、浮力はプラスの作用として働くと考えて良いでしょう。つまり、水中リハビリでは水の物理学的特性をプラスの作用として活用した必然エネルギーによる人間の生命エネルギー(ホメオスタシス)への誘発作用が水中リハビリの特徴と言えそうです。

〒308-0827 茨城県筑西市市野辺176-4 TEL0296-25-2948 FAX0296-21-2141

Copyright(C)2016 つくばアカデミーデイサービス all rights reserved.